窓辺のレモンティ

社会人となり数年。今この瞬間、自分を生きるために。

オードリー若林さんのごまかせない本音。

書店である本を見つけた。興味はあるけれどどうしようかな、とページをパラパラとめくっていたら「岡本太郎」という文字が目に入り、買ってみようと思った。オードリー若林さんの「社会人大学 人見知り学部 卒業見込(完全版)」という本だ。失礼ながら内容…

「今を生きる」ためにはどうすれば良いのか。

今年大ブレイクしたANZEN漫才のみやぞん。その人気は彼の人柄によるところも大きいだろう。いつも明るく笑顔で前向き、素朴で天然。多くの人が惹きつけられるのも当然かもしれない。そんな彼が、先日テレビでこんなことを言っていた。 「今、今、今。今を楽…

自分の内と外に「遊び」を取り入れる。

以前よく通っていた道に空き地(?)があったのだが、久しぶりに行ってみるとコインパーキングになっていた。最近は有料駐車場が本当に多い。中には「こんなところにも!」と思うほど狭いスペースが、コインパーキングに変身していたりする。確かに便利であ…

一日四回飯を食え。

最近は自由に本を読めるようになった。私の場合、仕事をしていた時は読書をする時間も気力もほとんど残っていなかった。読みたい本があっても、時間的・精神的余裕が自分には無かったのだ。まして「家でゆっくりと読みたい派」なので、いつでもどこでも本を…

ブラック企業でなくても働くのが辛いのはなぜ?

友人は、入社した先がいわゆるブラック企業だった。毎日夜遅くまで残業をするが、残業代がきちんと支払われることはなかった。有給休暇を取るなんて夢のまた夢。それどころか休日を含め、ほぼ毎日働き通しだった。彼女はその後転職し、今はそこそこ楽しくや…

平日の昼間に小さくなっていた自分。

少し(?)前に、ようやく会社を辞めた。思えばこのブログを始めたのは、会社や現在の日本の働き方に対して強烈な違和感を覚えたことがきっかけだった。その後私は人生と向き合うこととなり、自分の生き方を改めて考えた。結果、辞めるに至ったのだ。この先…

目に映るすべてのことはメッセージ。

空を眺める。雲が刻一刻とかたちを変えて流れてゆく。それを見ながら「全ては流れていくし、変わっていくのだな」と改めて思う。時に変化に絶望したり、変わることに抵抗して執着したりしてしまう。けれど固定したもの、不変なものなんて無い。生きている限…

食への姿勢を見れば、生きる姿勢がわかる。

以前は食べるのが面倒くさいと思うことがあった。食べたい気持ち自体があまり無く、食欲が湧くことも少なかったのだ。お腹が空いたからというよりも、単に時間になったから食べているだけ、なんてこともあった。食べるものにも特にこだわりが無く、スーパー…

自分の中の「影の部分」とどう付き合うか。

自分の中に湧いてくる怒りや憎しみ、恨みなどの感情。卑怯なところやずるいところ、弱い部分にダメな部分。最近は自分のそんな部分ばかりが目についてしまい、自己嫌悪に陥ることが多かった。でもそれらを含めて私なのであり、そういう部分があってこそ人間…

「生活」と「人生」を分けて考えてみる。

みなさん「生活」と「人生」をどのように考えているだろうか。私は「生活」とは普段の日常生活であり、「人生」とはその「生活」が集まったものだという認識を持っていた。 「人生」という言葉にはどこか仰々しい響きがあるが、細かく見れば、それは日々の暮…