窓辺のレモンティ

社会人となり数年。今この瞬間、自分を生きるために。

「新卒の3年後離職率30%」は批判されることなのか?

 労働関係の記事が続いているこのブログ。他の事柄についても書きたいのだが、今は組織や働き方に関して思うところがたくさんある。ブログを始めたことで、働くことに対して自分がいかに疑問や違和感を抱き、様々な感情を吐き出せずに溜めていたかがわかった。

 

 今日は新入社員の早期離職についてである。

 

 新卒採用者の約3割が3年以内に会社を辞めてしまう、というデータが話題になったことは記憶に新しい。辞める理由としては労働条件や仕事内容、人間関係が上位に挙がっている。

 

 周囲からは「ゆとり世代だから」、「最近の若者は我慢が足りない、何事も続けられない」、「嫌なことがあるとすぐに辞める」といった批判の声が聞こえる。(だが調べると、この傾向は30年ほど前からさほど変化していない。多少の前後はあるが概ね30%で推移しているのだ。このことから、特に最近の世代が辞める傾向が強いわけではないとわかる。)

 

 このように早期離職に対する批判は多く聞かれるのだが、その中で私が最も疑問を抱くものがある。それは、

 

 「せめて3年働かないと、会社はあなたの採用費用を回収できないんだよ!」

 

 というものだ。早期離職について、会社の採用コストを引き合いに出して批判する人がいるのだ。

 

 もちろん、会社側にとっては多額の費用をかけて採用した新人が、わずか数年で辞めてしまえば痛手となるだろう。しかし、それはあくまで会社側のことである。会社が会社存続のために、会社自体のことを考えた場合の話である。

 

 同様に、人(社員)は自分が生きるために、自分自身のことを考えて動く。これは当たり前の話だと思う。自分がどのような人生を歩もうが、どんな決断をして生きていこうが、基本的には自由である。ましてやいつどんなタイミングで会社を辞めようと、それは本来個人の自由であるはずだ。言うまでもなく、会社の事情とは全く関係がない。

 

 私たちは会社のために生きているわけではないのだ。

 

 お互いが生きるために、会社は会社の都合を考えて動き、人は自分の都合を考えて動く。当然のことだと思う。それなのに、なぜ生き方の選択(ここでは、辞める時期やタイミング)まで会社に支配され、まるで主従関係にあるかのように組織を優先させて考えるのだろうか。昨日の記事で労働形態について書いたが、日本の社員がいかに「メンバーシップ」という概念を持っているかがわかると思う。

 

 実は私も、これ以上会社で働くのは難しいかもしれないと思っている。いや、本音を言ってしまえば、もう働きたくない。会社や同僚、先輩方には感謝していることもたくさんある。しかし疑問や違和感や怒りは日に日に増し、「10年も20年もこの会社に居続けられる、働き続けられる神経がわからない」と思うまでになってしまったのだ。

 

 雇われないでどのようにしてお金を稼ぎ、生きていくのかという問題は大きい。だが、会社なんて嫌なら辞めてしまえば良いと思う。会社で雇われて働くことが全てではない。新しいことや自分の好きなことにどんどんチャレンジすれば良いではないか。それくらいの気楽さでいたいと思う。

 

 私はこれまでの人生での様々な経験を通して、これからは自分を大切にし、自分のペースで好きなことをしながら生きたいと思っている。このブログを始めたのも、その第一歩を踏み出そうと思ったからなのだ。